ホーム > 一般歯科

一般歯科

虫歯治療

虫歯には4つの段階があります
C1



第一段階C1

→エナメル質のみの虫歯です。痛みなどの症状は出ず、処置も1回で済む場合が多いです。

C2



第二段階C2

→象牙質まで進行した虫歯です。痛みやしみるなどの症状が出ます。この段階なら、まだ神経まで取らずに治療することが可能です。

C3



第三段階C3

→神経まで進行した虫歯です。激痛を伴い、神経を取らなければなりません。

C4



第四段階C4

→歯冠部がほとんど溶け、歯質がわずかしか残っていない状態です。

C3を放置しておくと、痛みを感じなくなりますが、これは治ったわけではなく、歯髄が完全に機能しなくなったため、痛みを感じなくなった状態です。

放置すると、抜歯の必要が出てきます。

神経を取れば痛みは感じなくなりますが、次に虫歯になった時に自覚できないというリスクもあります。次に痛んだときには、すでに歯周病などで歯がボロボロ、抜歯せざるを得ない状態のこともあります。

C3に進む前に、できるだけ初期の段階で歯科治療をすることで、 治療期間も短く、治療費も抑えることができます。

治療中の痛みを少なくする工夫

基本的に、歯科治療で痛いのは麻酔の針を刺す時だけです。

機械の音や、何をされるかわからない不安感・緊張感で怖いと感じる方もいらっしゃいます。
今から何の治療を行うか、まずはしっかりご説明します。
そして、麻酔前には表面麻酔(塗り薬)をし、麻酔の針さえ痛くないよう処置をします。麻酔が効いていることを確認してから治療を行いますので、痛みはほぼありません!!

顎の骨が痛む時

痛む部位が、顎の関節なのか、顎の骨の部分なのかで病気が違いますが、口の周りのことはほとんど歯科で解決できます。
関節が痛いのならば顎関節症の疑いがあります。顎の骨が痛むのなら、歯周病が進行している可能性もあります。

その症状、まずはお気軽にご相談ください!
無料カウンセリングのお申込みはこちら