お口の健康.com

2013年9月17日 火曜日

北九州市八幡西区で歯医者を探しているなら。

歯と歯の間の隙間に、食べ物がよくつまるとのご相談がよくあります。
多いのが、肉片や野菜などの繊維がはさまるようです。
若い頃は特に問題はなかったはずなのに、30代を過ぎたあたりから気になり始めたというのが多いようです。

これは、歯茎が下がっている原因です。
前と比べて歯茎が下がってしまうと、歯と歯の間を閉じていた本来あるべき歯茎がなくなり隙間が出来てしまいます。
そこに物が詰まってしまうのです。
そして、その溝に挟まってしまったものは、とれにくく残ってしまいます。
これが歯周病の原因の一つです。
炎症が起こり、赤く腫れたり、出血、痛みもあります。

歯周病になってしまうと、自力で治すのは難しく、歯医者での治療をお勧めします。
そして、再発しないよう、ブラッシング指導を受け、定期検診を受けることが大切です。

投稿者 つねが歯科クリニック